展示
展示

企画展 福を呼ぶ城博のお正月

企画展 福を呼ぶ城博のお正月

予定
2018年は、お城のふもとでおめでとう!

2017/12/08 - 2018/01/29

開催期間 2017/12/08 - 2018/01/29
休館日 なし(年末年始も開館)
観覧料 ■観覧料 700円(団体20名以上560円)
■高知城とのセット券 890円
※高校生以下は無料
※高知県・高知市長寿手帳所持者は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳所持者と介護者(1名)は無料

●観覧券は当日のみ有効です。(年間観覧券は除く)
備考 □12月22日(金)~24日(日)「高知城冬のきらめき」開催中は21:00まで開館延長
※イベント中止の場合は、通常通りの開館時間となります

展示の見どころ

見た人には福がやって来る!?

古来、人は、縁起物をかざったり、身につけたりすることで、福を呼び込もうとしてきました。この企画展では、人々が様々な願いを托してきた、縁起のよい図柄の絵や文様をあしらった美術工芸品を紹介します。ご来館の皆様にも福が訪れますように。

展示構成・主な展示資料

 

①神が遊ぶ・神と遊ぶ

絵の中で神様が歌い、踊り、酔います。


河田小龍「三福神」

 

猩々文蒔絵盃

②愛でたい数字

「歳寒三友(松竹梅)」、「鶴亀(鶴は千年、亀は万年)」など、おめでたい数にまつわる美術を紹介します。

 

③よい初夢を

初夢で見ると縁起がいいといわれる「一富士二鷹三茄子」にまつわる美術、悪夢を食べてくれるという霊獣「獏(ばく)」を描いた枕などを紹介します。
曽我二直庵「架鷹図屏風」


獏南天文蒔絵枕

 

④犬のいる風景 ―干支・戌―

本の挿絵などから、犬と人の関わりについて紹介します。


葛飾北斎「三体画譜」

 

⑤土佐藩と忠臣蔵

年の瀬といえば「忠臣蔵」。土佐藩と忠臣蔵の意外な関わりも紹介します。]

豊原国周「義士復讐両国橋引揚之図」

 

⑥一国兼光・今村兼光そろい踏み!!

重要文化財の太刀2振りを展示します。

太刀 号 一国兼光

 

関連行事

①学芸員によるスライドレクチャー

展覧会の見どころを学芸員が解説します。
会期中毎週日曜日10:30より15分
会場:3F映像コーナー(土佐史探索室)
※お申し込みは不要ですが、入場には展示観覧チケットが必要です。
事前申込は不要です。

②福を呼ぶかも知れないカード、さしあげます。

12月26日より配布開始、なくなり次第終了。
1)枕の下に敷こう!ばくカード
2)鹿さんのもうのめませんカード

ほかにも、新春行事もりだくさんにておまちしております。(詳細は決まり次第ホームページでお知らせします)