講座・催し物
講座・催し物

講座・催し物

幕末維新6講座<第1回>「幕末維新期の土佐藩」

大政奉還150年・明治維新150年の年を迎えるにあたり、全6回の幕末維新講座を開催します。

講座・講演会

開催日時 5月6日(土)14:00~15:30
場所 高知城歴史博物館1階ホール
参加定員 70名
参加費 無料
講師 宮地 正人 氏(東京大学名誉教授)
備考 【申し込み方法】
当館に、4月22日(土)までに電話・FAX・ハガキ、または当館1階の受付に直接のいずれかでお申し込みください。FAX・ハガキの場合は、「幕末維新6講座・第1回」と明記の上、氏名・郵便番号・住所・電話番号をお知らせください。
応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。参加者の発表は、整理券の発送(4月24日発送予定)をもって代えさせていただきます。

開催内容

本講座は、幕末維新期の研究課題などをとりあげ、6名の講師にご講演をしていただく講座です。

幕末維新期とはどのような時代であったのか、さまざまな視点から捉えることにより、「150年前の日本」と「今」を考えます。

講師紹介/宮地 正人(ミヤチ マサト)
1944年、福岡県久留米市生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。東京大学文学部国史学科助手を経て、東京大学史料編纂所に入所。助手、助教授を経て、教授。同編纂所所長。2001年から2005年まで国立歴史民俗博物館館長。専攻は、明治維新を中心とする日本近代史。著書に、『歴史のなかの新選組』『幕末維新期の社会的政治史研究』(岩波書店)、『幕末京都の政局と朝廷―肥後藩京都留守居役の書状・日記から見た』(名著刊行会)ほか。


講座スケジュールPDFダウンロード