展示
展示

展示

特集展 ぼくらの明治維新 ~庶民が見た新時代~

開催中
明治維新(めいじいしん)、何が変わった?ぼくらに関係あるのかな?

2018/08/04 - 2018/09/17

特集展 ぼくらの明治維新   ~庶民が見た新時代~
明治(めいじ)維新(いしん)によっておきた変化(へんか)は、武士(ぶし)をはじめとする上層部(じょうそうぶ)の人達(たち)だけでなく、一般(いっぱん)庶民(しょみん)まで日本全体を巻(ま)き込(こ)んだ、非常(ひじょう)に大きなものでした。その変化(へんか)はどのようなもので、当時を生きた人達(たち)にはどう感じられたのでしょうか。この展示(てんじ)では、社会のしくみ、生活の変化(へんか)など、庶民(しょみん)にとっても身近な変化(へんか)に注目しながら、「明治(めいじ)維新(いしん)のもたらしたもの」を読(よ)み解(と)きます。
開催期間 2018/08/04 - 2018/09/17
休館日 なし
観覧料 ■企画展開催期間中(8/4~9/3、9/14~9/17)
  700円(団体20名以上560円)
■その他の期間(9/4~9/13)
  500円(団体20名以上400円)
■高知城とのセット券 
 当館企画展開催期間中(8/4~9/3、9/14~9/17)
  890円
 その他の期間(9/4~9/13)
  730円
※高校生以下は無料
※高知県・高知市長寿手帳をお持ちの方は無料
※身体障害者手帳、精神障害保健福祉手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳所持者と介護者1名は無料
●観覧券は当日のみ有効です。(年間観覧券は除く)

展示の見どころ

教科書にも出てくる変化は、高知でもおきたの?

新政府(せいふ)はつぎつぎと新しいしくみを作り、全国いっせいに変えようとします。とはいえ、それまで藩(はん)や地域(ちいき)の中でそれぞれに通用していたルールをやめて変えていくのは、変化を受け止める人々にとっても、とても大変なことでした。

その変化を、高知ではどうやって受け止めたのでしょう?県内各地に残る当時の資料(しりょう)から、それぞれの立場で見た「維新(いしん)」の変化と、それをのりこえた人々の知恵(ちえ)を読みときます。

 

やまぴょんといっしょに、高知の明治維新をしらべよう!

解説(かいせつ)パネルや音声ガイドでは、城博(じょうはく)のキャラクター・やまぴょんがご案内。当時の品々をじっくり観察すれば、文明開化や学校制度(せいど)など、いまのぼくらにもつながる変化が見えてくるはず!

 

主な展示資料

得月楼絵巻(とくげつろうえまき) 得月楼所蔵

明治3年(1870)にできた料亭(りょうてい)、得月楼(とくげつろう)の様子をえがいた絵巻。断髪(だんぱつ)・洋服すがたのお客さんたちがえがかれ、「文明開化 (ぶんめいかいか)」が進む当時の様子が伝わる。

 

場面拡大図(ばめんかくだいず)

 

仮名垣魯文「安愚楽鍋」(かながきろぶん あぐらなべ)

当時まだめずらしい牛鍋屋(ぎゅうなべや)に集まるお客さんの会話を、面白おかしくしょうかいしたお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地券(ちけん) 南国市左右山部落共有文書

土地の持ち主を書いた証明書(しょうめいしょ)。税(ぜい)のおさめ方が変わるなど、大きなしくみの変化が続いて、人々はとまどうことが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

高知県管轄 土佐国郡村区別(こうちけんかんかつ とさのくにぐんそんくべつ) 中越家資料

高知県ができて間もないころの資料(しりょう)。郡の中をいくつかの「区」にわけて、新しい行政単位(ぎょうせいたんい)にしようとした時のもの。

このしくみはすぐに取りやめになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古写真 高知県尋常中学校校舎 (こしゃしん こうちけんじんじょうちゅうがっこうこうしゃ) 高知県立高知追手前高等学校所蔵 

明治24年(1891)に撮(と)った中学校と生徒たちの写真。今の追手前高校の校舎(こうしゃ)は昭和6年(1931)のものだ。

 

 

 

 

 <展示期間:8/4-18>

 ※8/19-9/1・9/2-17は別の写真を展示します