城博コラム
城博コラム

城博コラム

豆知識

2019.11.27
  • 山内家の歴史
豆知識
山内家の歴史について、知っていると展示を見るときに役立つ豆知識をご紹介します。 山内家の家紋  山内家には複数の家紋が存在します。明治44(1911)年に編纂が開始された『山内家史料』の編纂主任となった沼田頼輔(1867~1934)は、山内家に複数の家紋があることを知って家紋の研究を始め、後に大

一豊と見性院

2019.10.16
  • 山内家の歴史
一豊と見性院
山内一豊の生涯 1.一豊の誕生と秀吉への士官  天文14(1545)年、一豊は山内盛豊の三男として尾張国に生まれました。  戦国乱世の真っ只中、兄と父を相次いで失い、永禄2(1559)年の春には、主君織田伊勢守家が織田信長の攻撃を受け滅亡、15歳の一豊は、浪々の旅に出ます。美濃・尾張・近江を転

土佐藩歴代藩主紹介

2019.03.22
  • 山内家の歴史
土佐藩歴代藩主紹介
初代 一豊(かつとよ) 生没年:天文14(1545)年~慶長10(1605)年 享年61歳 父:盛豊 母:法秀院(盛豊正室 梶原氏女とも二宮氏女とも) 通称:辰之助・猪右衛門 官位:正五位下対馬守 → 従四位下土佐守 ※大正8(1919)年 贈従三位 家督:永禄2(1559)年 15

山内家の由来

2019.03.09
  • 山内家の歴史
山内家の由来
 山内家に伝わった系図や家譜類によると、土佐山内家は鎌倉の山内荘(やまのうちのしょう)からでた山内首藤(やまのうちすどう)氏の系譜につながるとい われています。その後山内首藤氏は各地に分散して、土佐山内家の先祖は室町時代に丹波国に移り、さらに久豊(一豊の祖父)の時代に尾張国へ移って、尾張山内氏の祖と