城博コラム
城博コラム

城博コラム

土佐史の人々-後期-

2019.11.27
  • 土佐史の人々
土佐史の人々-後期-
後期 宮地太仲 (みやじたいちゅう 1769~1842)  安芸郡田野の芝生まれ。 父の文仲を継いで医を志し、大坂にでて医学を岡慈庵に、経書を篠崎小竹(儒学者、漢詩人)に学び、帰国後は藩の診療を度々勤めて徒士格二人扶持を受ける。 また、天保11(1840)年には土佐における最初の

土佐史の人々-幕末維新期-

2019.11.27
  • 土佐史の人々
土佐史の人々-幕末維新期-
幕末維新期 諒鏡院 (りょうきょういん 1841~1916)  土佐12代藩主山内豊資(とよすけ)の娘。 名を悦姫といい、生後まもなく出羽秋田藩10代藩主佐竹義厚(よしひろ)の嗣子義睦(よしちか)と婚約し、安政4(1857)年4月義睦のもとへ輿入れしたが、結婚後数ヶ月で夫義睦が死

一豊と見性院

2019.10.16
  • 山内家の歴史
一豊と見性院
山内一豊の生涯 1.一豊の誕生と秀吉への士官  天文14(1545)年、一豊は山内盛豊の三男として尾張国に生まれました。  戦国乱世の真っ只中、兄と父を相次いで失い、永禄2(1559)年の春には、主君織田伊勢守家が織田信長の攻撃を受け滅亡、15歳の一豊は、浪々の旅に出ます。美濃・尾張・近江を転

豆知識

2019.11.27
  • 山内家の歴史
豆知識
山内家の歴史について、知っていると展示を見るときに役立つ豆知識をご紹介します。 山内家の家紋  山内家には複数の家紋が存在します。明治44(1911)年に編纂が開始された『山内家史料』の編纂主任となった沼田頼輔(1867~1934)は、山内家に複数の家紋があることを知って家紋の研究を始め、後に大
(9/14更新)【動画】学芸員と企画員による「地域展 仁淀川」展示解説
臨時休館により会期途中で終了してしまった「地域展 仁淀川〜流域の歴史と文化」。 ご来館いただくことができなかった方に少しでも本展をご覧いただきたいと思い、展示解説動画を公開します。 展示は約80点、本動画ではほんの一部しかご紹介できませんが、仁淀ブルーの背景にある、流域の奥深く魅力的な歴史文化
ジョーハク 刀剣 強化月間 第2弾 南海太郎
===【お知らせ】(8/20)== 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、8月21日(土)~9月3日(金)の間、臨時休館いたします。 9月4日(土)から再開館予定ですが、今後の状況によっては休館期間が延長される場合があります。 ご来館を楽しみにして頂いていた皆さまには大変申し訳ありませんが、何

【動画】学芸員ミニレクチャー

2021.04.04
  • 収蔵資料のこと
  • 土佐藩の歴史
  • 山内家の歴史
  • 土佐史の人々
  • 土佐の文化
【動画】学芸員ミニレクチャー
令和3年3月7日に開館4周年企画の一つとして行った「学芸員ミニレクチャー」を収録した動画です。 令和2年度に行われた調査研究の成果から、担当学芸員が特に面白いと思った資料やオススメしたい展示についてお話ししています。ぜひご覧ください。  ※内容に関連する展示はすでに終了したものが含まれます。

【動画】城下町散策会ー下町を歩くー

2021.04.07
  • 土佐藩の歴史
  • 土佐の文化
【動画】城下町散策会ー下町を歩くー
令和3年3月7日に開館4周年企画の一つとして行った「城下町散策会ー下町を歩くー」を収録した動画です。 土佐藩の経済の中心地として賑わいをみせた下町エリアを、当館の学芸員と企画員がご案内します。ぜひご覧ください。 https://youtu.be/emqB2wMY-c0  
書を見るのが楽しくなる!体感!国宝こうやぎれ(書の解説)
当館所蔵の国宝「高野切(こうやぎれ)」。 これまでご来館の皆さんにいただいた質問を参考に、書の見かたをご紹介するページ「体感!国宝こうやぎれ」を作成しました。 「上手だなあ…。」その次の一歩へ! 博物館や美術館で見かける「書」の作品。 「上手だなあ…」という以上の感想を持てなくて、な